cafe mizutama

小説と音楽と日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 「フレデリック」 | 2016年熊本地震 >>

音楽と青春

私は自分の青春を、音楽と切り離して考えられない。

音楽の授業はずっと好きだった。
私の通っていた小中学校は、小さな公立校ながら、今となって考えればすごく音楽の授業に力を入れてくれていた。合唱コンクールはクラス全員の目の色が変わる重要なイベントだったし、中学の卒業式には、その年の卒業生全員で作詞作曲したオリジナルの「卒業の歌」を歌う。ミュージカルや音楽の映画、たとえば『サウンドオブミュージック』や『アマデウス』、すべて音楽の授業中に見せてもらった。

『第二音楽室』は、サブタイトルの「school and music」の通り、学校生活と音楽をモチーフにした短編4編が入っている。合唱のテストを気になる男の子とペアを組んで受ける「デュエット」、不登校になった少女が女性シンガーの曲に救われて、高校で自分もバンドを始める「裸樹」。甘酸っぱかったり、ひりひりしたり、10代の音楽にまつわる思い出が詰まったようなまぶしい一冊だ。

そして高校時代、スピッツというバンドに魂を奪われた私は、そのあとロックバンドに対して憧れを抱くようになった。さらに自分でもバンドをしたいと心底思うようになったのは、スーパーカーというデビューしたばかりの同世代のバンドを深夜のテレビで見たことが決定的だった。

『ミュージック・ブレス・ユー!!』は、「音楽について考えることは、将来について考えるよりずっと大事」と言いきる、パンクロックとともに日常を生きる女子高生アザミの卒業までの日々を描いた長編小説。
私が津村記久子を好きになったきっかけとなった一冊で、さえない女子がいかにロックに救われるか、まるで自分のことかのように共感した。
主人公は自分でもバンドやってるけれど(背がすごく高くて、ベースなのがいい)、バンドの仲間との友情それってキセキ!みたいな話では全然なく、むしろバンド関係では手ひどい仕打ちを受けたりするが、もっと根本のところで音楽が彼女を救う。これぞマイノリティーのための青春小説だと思う。こんな小説書ける作家はそういないんじゃないかな。

そして最後に、短編集『ゴランノスポン』収録の表題作『ゴランノスポン』を。
大人になったバンドマン及びそんな感じの人たちが出てくる短編で、短いながら心をえぐられる。
町田康は自分もバンドマンの作家なので、大人になっても青春を引きずっているバンドマンの漠然とした不安や、「見ないふり」をしている人々の描写が上手すぎて、そのリアルさに読んでいて死にそうな気持ちになる。

以上、音楽と青春にまつわる3冊をあげてみた。
ブラスバンドはまあまああるけれど、ロックバンドが主軸になった小説というのは日本にも海外にも意外とないのだな、とこのたび気づいた。映画だとたくさんあるのだけれどね。
 
津村 記久子
角川グループパブリッシング
---
(2008-07-01)

ワンテーマ書評 | comments(5) | -

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by ひなこ  at 2014/12/16 2:14 AM
zakkiさま

ご無沙汰しております。
季節はもう冬…あっというまに1年は過ぎ去りますね。

音楽と青春、それと本は、切っても切り離せない関係だなぁと、こちらの記事を読みながらしみじみと同感しました。音楽を聞いたり、本を読んだりしていると、フッと青春時代の思い出にひたってしまう自分がいます。
ロックバンドの小説も、そういえば読んだことがありませんでした。なので、今回紹介された3冊も、近いうちに読みたくなりました。

zakkiさんはスピッツがお好きなのですね!私も最近スピッツの「魔法のコトバ」がリピート曲になっています。あの…「ベビーフェイス」という幻のB面曲はご存じですか?もしご存じでしたら、嬉しいなぁ^_^

毎度のことながら、自分のことばかりの変なコメントですみません。
よい年をお迎え下さいませm(_ _)m
Posted by zakki  at 2014/12/17 11:08 PM
こんばんは。寒いですね・・・!
記録的な寒さということですが、お元気でお過ごしでしょうか。

音楽にまつわる小説ということで選んでみましたが、そうなるとやはりご本人も実際に音楽がものすごく好きだったり、バンドされてたりする作家のものが、ぐっときます。1冊あげた津村さんもそうとうなロック好きな作家さんのようで、わかるなあと思う部分が多いです。

スピッツ大好きです。今までの人生でいちばん好きになったもののひとつです。「ベビーフェイス」は空も飛べるはずのB面の曲で間違いないですかね?「空の飛び方」というアルバムに入っていて、大人になってからのほうが好きになった曲です。
「魔法のコトバ」はエバーグリーンな名曲ですね。年齢を重ねると「また会えるよ約束しなくても」という歌詞にとても救われます・・・。

今年はブログに感想くださってありがとうございました。とても嬉しかったです。

よいクリスマスを!!
Posted by ひなこ  at 2014/12/18 9:35 PM
zakkiさま

再び失礼いたしますm(_ _)m

「ベビーフェイス」そうです!むかし友達からそちらのCDを借りて、ひとみみぼれしたのですが、アルバムに入っていたとは…!全然まぼろしではなかったのですね(笑)嬉しい衝撃です。

以前zakkiさんからお勧めして頂きました「抱擁、あるいはー」を読みました^_^
江國さんにしか書き得ない世界観で、非常に楽しかったです。人間誰しも、隠された過去の一つや二つ隠し持っているのでしょうか。読んでいてゾクゾクしました。

あと「ねずみ女房」もいつか私が妻、母親になったときに読み返したいと思って、購入しました。
(予定はまったくの白紙なんですが(笑))
読んだときの生活状況によって、本の感想が変わるのもまた楽しみですね。

よかったらまた来年も書き込ませて下さい。
ハッピーメリークリスマス!(^∇^)
Posted by zakki  at 2014/12/23 1:34 PM
ねずみ女房、買われたんですね〜
たしかに一生分の価値がある本です。ひなこさんのおっしゃるように、人生の節目ごとにまた違った読み方ができるかもしれないですね。

抱擁〜も、よく出来た家族小説ですよね。だんだん人間関係の謎や秘密が明らかになっていくような小説が好きなので、ひなこさんがもし何かご存知だったらぜひ教えてください。

あっというまに年末になりました。風邪などひかないように、よい年末年始を!
ひなこさんの来年が多幸なものとなりますように祈っております
( ´ ▽ ` )ノ
Posted by けこ  at 2016/04/19 11:13 AM
このたびの度重なる地震、zakkiさん、ご家族の皆様のご心痛、ご心労はいかばかりかとお察しします。
熊本のいつもの日常が一日も早く戻ってきますように。
どうかご無事でと祈りつつ、わたしも出来ることをします。

COMMENT FORM