cafe mizutama

小説と音楽と日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 冬の絵本 | 「はじめてのゆき」 >>

「ウォールフラワー」


「ウォールフラワー」(米/2012年)

お正月、映画を観にいきました。
どうしても観たい映画でした。
なぜならサントラの選曲があまりにも自分の趣味に近かったので…。
The Smiths、ギャラクシー500、New Order、XTC、ソニック・ユース…。

内容は胸が痛くなるような青春映画でした。スクールカースト最底辺に位置づけられたさえない主人公が、大事な仲間を見つけ、少しずつ変わっていく、という物語です。今まで知らなかった世界に飛び込んでいく主人公の姿に共感を覚えました。もうずいぶん遠くになってはしまったけれど、私にも確かにこういう宝物のような瞬間があったので。
主人公には文才があり、それを目にかけてくれる国語の先生がいるのですが、その先生や、主人公の兄など大人の目線が良かったです。若いってただそれだけできついこともたくさんあるけれど「がんばれ、大人になるといいこともたくさんあるんだよ」と心の中で思いながら観ていました。

主人公の恋するショートヘアのエマ・ワトソン、ものすごくかわいくて魅力的でした。そしてエマの義兄でゲイ役のパトリックを演じるエズラ・ミラーが素敵で、ぐっときました。にっこり笑った顔がとてもいい。あんな人をほっとさせる笑顔ってあまり見たことないです。その兄妹二人がパーティーで踊るシーンがかわいくてよかったです。やっぱり音楽がいい映画って最高。映画館まで観にいってよかったです。

サントラはこちら↓
映画 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM