cafe mizutama

小説と音楽と日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< おうちなのね・その1 | 「クリスマスのふしぎなはこ」 >>

「ねむいねむいねずみ」

子どものころ、私と妹が大好きだった絵本です。
最近、書店で目立つ場所に置かれていて、リバイバルヒットしているらしいのを目にしました。
もう35年近く前の絵本です。

旅をしているねずみが、宿を求めて、古い洋館にもぐりこみます。歩きつかれてくたくたのねずみが、眠ろうとするたびに、不思議なことが…

私の息子も気に入っているようです。気に入っている絵本のセリフをよく真似する息子は、この絵本に出てくる
「いったいどうなってるんだ!?」、「な、な、なんだ!?」という、芝居がかったセリフがお気に召しているようです。ときどきスーパーなどで大声で言います。

まあともかく、自分が子どもの頃好きだった絵本を、子どもがまた読んでくれるのは嬉しいし、不思議でもあります。
佐々木マキの絵本はシュールで、子どもだましじゃないところが魅力です。
ねずみが最後に貨車にもぐりこんで、また旅に出るところが素敵。

 
子どもの本 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM