cafe mizutama

小説と音楽と日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< インプロ | 「おたすけこびと」 >>

イメージ

晴れた日曜日、家族で出掛けた。
空港で飛行機を見ながらドーナツを食べて、紅茶を飲んだ。

その帰り、車でFMをかけていると、今井美樹のラジオ番組があっていたので、ぼーっと聞いていた。

今井美樹は、「もうすぐ布袋さんのエッセイが出るのですが…」と、ご主人の本の紹介をしていた。『幸せの女神は勇者に味方する』というタイトル(驚愕)
どんな本かと言うと「毎日を口角を上げて、前向きに幸せに過ごすための、50のちょっとした知恵」が書いてあるらしい。
「愛犬と散歩する時間は、日常を離れてほっとする」みたいな内容なんだそうだ。今井美樹はそのようなことを、透明感のある美しい声で語っていた。旦那さんのことが愛おしくてたまらない、みたいな口調だった。

いったい彼女が語っているのは、私や世間が知っている布袋さんと同一人物なんだろうか…。
「車はでかいほどいい」とか「ウォッカはスポーツドリンクだ」とか、そういう内容ならば「ああ布袋さんっぽいな」と思うのだが…。彼女が語った中で唯一納得できたのは、夫婦が飼っている愛犬がドーベルマンだということのみだった。
布袋寅泰さんは、奥さんや身近な人にとっては、まったくイメージが違うほんわかした人なのかもしれない。
想像すると、そういうのはなかなかいいな、と思った。

■■■

この2月に、再就職のための講座に参加した。
数回の講義の中で、本格的なキャリアカウンセリングなどもしてもらえて、とても勉強になった。
息子が3歳になる今年の9月を目標に、また働き始めたいと思っている。
これから保育園探しや、サポート体制の準備などいろいろやることはたくさんあるが、今まで以上に子どもとたくさん遊んで、仕事が決まったら心置きなく働けるように、自分の心構えを整えたい。

日日雑記 | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by けこ  at 2013/02/26 11:14 PM
布袋さんと言えば、まず、「喧嘩っ早い」「殴る」というイメージです(^^;)
でも 今井美樹さんに作詞作曲した歌は 驚くほど乙女で、ロマンチックな歌詞ばかりで(お暇なときにでもぜひ調べてみてください)、本当はこういうこと考えてる人なんだな・・・と思いました。今井さんが歌ってくれることは、布袋さんにとってインナー乙女の発散が存分にでき とてもいい夫婦関係なんじゃないかと・・・思います。
意外性があるっていいですよね。

再就職&保育園、良いご縁がありますように!
Posted by zakki  at 2013/02/27 9:04 AM
私もけこさんと同じく、布袋さんはやんちゃな大人というイメージだったので(笑)、ラジオを聴きながら「誰の話なんだ・・・」と思っていました(^^;)
でも、おっしゃるように今井さんの歌は乙女でロマンチックですね。
彼女は布袋さんにとって自分の一部を表現してもらえる存在なのでしょうね。ラジオを聴いてると、今井さんもそれを美しく微笑んで受け止めているような気がしました。そういう大人の関係はとてもいい気がします。と、思わぬところでパートナーシップについて考えさせられました(笑)

仕事探しについては、ここに書くことで自分を追い込んでみました(゚ー゚)
しばらく働いてないので、自分が変化することに不安もわくわくもありますが、無理なく働ける仕事を探そうと思います!

COMMENT FORM