cafe mizutama

小説と音楽と日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 「かばくん」 | DIY コンセント隠蔽 >>

トリップ・スカイ(時代は変わる)

またラジオの話。

平日の昼過ぎに、運転中にたまたまよく聞くラジオ番組がある。
短い番組だが、DJの声が良くて、思わず聞き入ってしまうのだ。
毎回ひとつの話題を取り上げて、それにまつわるあれこれの話と、
そのテーマに沿った曲を2、3曲かけてくれる。
たとえば「月」がテーマのときは、R.E.M.の「Man on the moon」、
「色」がテーマのときは、Rolling Stones「She’s a rainbow」など、
選曲の趣味が良いのも気に入っている。

先日のテーマは「東京スカイツリー」だった。
DJが、スカイツリーの最寄の東武鉄道の駅が「業平橋」から「東京スカイツリー」に
変わったことなどを話したあと、東京事変の「新しい文明開化」という曲がかかった。
そうだね時代は変わるねぇ、文明開化だねぇ…などと思いながら、
交差点で信号待ちをしているところで、何かいきなり、
聞いたことのあるローファイなギターイントロがラジオから流れ始めた。

スーパーカーの「Trip Sky」という曲だ。
14年前に出たファーストアルバムの、しかもいちばんノイジーなラストナンバーで、
出た当時でも、本人たちの番組でしか流れてないだろう、という感じの曲だ。
それが今、この2012年に、ラジオから流れてきたことに、少なからず衝撃を受けた。
昔、バンド組んだばかりのころにコピーしたこともあった曲なので、
懐かしさにくらくらした。しかしその反面、
「なんでこれ選んだんだ、他にいくらでもスカイな曲はあったろう」という疑問も
入り混じり、まさにトリップしたような気持ちになった。

しかし、スーパーカーというバンドは、私たちの世代からすると、
まさに文明開化のようなバンドだったと思う。
それまでのバンドとは何かが本当に違っていた。
特に1枚目、彼らのデビューアルバムは、最初聴いたときは撃たれたみたいな気持ちがしたものだった。今聴いたら音が悪くてびっくりするけれど。
スカイツリーが象徴している、時代の幕開けのようなものを、
あの頃のスーパーカーの曲と重ねて選んだんだろうか…などと勝手に穿って、
あとから番組サイトを調べてみたところ、DJが60歳の人だったのも衝撃だった。

私はいつも、同年代の人と思って聴いていたのだった。

音楽 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM