cafe mizutama

小説と音楽と日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 息子 | りんごちゃん >>

想像力の問題

カフカの「変身」という小説をご存知か。
主人公のザムザ氏という男が、朝起きたら突然巨大な虫になっている、
という、不条理な話である。

夫とその小説の話をしていたとき、
「ところで、その虫ってどんな虫?」と尋ねられた。

私としては、なんていうかペタっとした形状で黒っぽいカサカサした感じの・・・、
ええそう、イニシャルGタイプの虫を想像していたのだが、夫は違ったらしい。
ナウシカの王蟲みたいな、いもむしタイプをイメージしながら読んでいたそうだ。
イメージ図もお互い描いてみたのだが、あまりにもグロいので自粛。
夫は私の描いたザムザ氏(虫)を、「気持ち悪っ!」と言ってゴミ箱に投げ捨てていた。
映画やマンガと違って、小説は画像がないので、
読者のイメージしているものがそれぞれ違うんだなあと実感した。

◆ ◆ ◆

最近同じような出来事があり、争いになった。
村上春樹の「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」という小説の、
一角獣についてである。
この小説は、「世界の終り」と、「ハードボイルド・ワンダーランド」という
ふたつのパートが交互に進んでいくのだが、
そのふたつの世界をつなぐ重要なモチーフとして「一角獣」が出てくる。
一角獣は金色の長い毛をし、穏やかな性格で、仲間と群れている。
いったいどんな動物を想像しながら読まれるだろうか。



A:サイ型(私画)


B:トナカイ型(夫画)

どちらも画力にそうとう問題があるが・・・、
Aは、サイとかバッファローのような、大きくてのっそりした動物を想像してほしい。
Bは、トナカイとか馬のような、しゅっとした動物に角が生えた感じらしい。

どっちが正しいのか、あるいはどちらもぜんぜん違うのかは、
村上春樹氏に聞いてみなければわからない。
読者が受け取るものが自由で、人それぞれだったりする、
小説のそういうところが私はとてもおもしろいと思う。



日日雑記 | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

Posted by 静香  at 2010/10/17 10:23 PM
芋虫も一角獣も、私はzakkiさんとほぼ同じタイプのあれとあれを想像しながら読んでます。吉野朔実さんの「お父さんはチャンバラ小説がお好き(だっただろうかタイトル…??)」にもこれと同じ話題の回がありましたね。

ってzakkiさん!
ご出産おめでとうございます!!

こんな素敵な“息子の母親”仲間が出来て、私、とても嬉しい!

新生児の可愛さは本当に、二度と戻らない掛け替えの無いものです。とにかく、単なる「赤ちゃん」の可愛さとは種類が違う、圧倒的で、ほとんど暴力的ですらあるもの。

眠いわ慣れないわでほんっとーに大変だとは思いますが、是非是非、写真をこれでもかと撮って下さいね。沐浴時の背中の毛とか(いつの間にか無くなってしまって、それに気付いた時私は無性に寂しくなったのです)!

ということは、今年はブックオカではお会い出来ないのかしら。またそのうち、お顔を見られたらと思います。
Posted by zakki  at 2010/10/20 4:29 PM
あ〜良かった!静香さん私と同じタイプをイメージされてたんですね。まわりはトナカイのほうが人気です。
カフカ、やはり同じことを考える人はいるようで、グーグル画像検索してみたら、気持ち悪い虫の画像がたくさん出てきました(笑)吉野朔美のマンガも気になります!

そして、お祝いのメッセージありがとうございます。
昨月男の子を出産しました。ほんとに元気な子で、パワフルさに呆然とすることもありますが、毎日なんとかやってます・・・。
そういえば、うちもいつの間にかあの背中の毛はなくなってました(笑)
顔にも金色の産毛がたくさん生えていて、子猫みたいだったのに、いつの間にか消えちゃいました。よく考えると惜しい気がしてきました(笑)

静香さんこれからも先輩としてよろしくお願いします。
今年はブックオカは断念しましたが、来年に向けて本をためておきます。いずれにせよそのうちお会いできたらいいですね。
Posted by 静香  at 2010/10/22 9:43 PM
そうそう、あの頬の黄金の毛は何処へ!

・・・ではなく、訂正をしに来ました。
ザムザあれこれの回が収録されていた吉野朔実さんの本は「お母さんは『赤毛のアン』が大好き」の方でした。もし未読でしたら是非。「お父さんは〜」共々とっても好きなエッセイマンガ(?)です。

しかし、トナカイかぁ・・・うーん、まったくそういう想像をしなかったなぁ。ずんぐりむっくりだとばかり。私の中では、重量感のある暑苦しいイメージなのだけど。
Posted by zakki  at 2010/10/27 2:13 PM
吉野さんの本、おもしろそうなので検索してみました。読書エッセイなんですね!是非読んでみます★

そうですよね。一角獣はのっそりした毛がモップみたいに長い感じの生き物ですよね!
私の絵↑は、「ニートっぽい」と言われました。

COMMENT FORM