cafe mizutama

小説と音楽と日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< 「長い道」 | 「きょうのできごと」 >>

「くっすん大黒」

「告白」がとても面白かったので、読んでみました。
最高でした。電車で読んでて笑いをこらえるのに
大変苦しい思いをしました。

よく町田康氏を評して言われていることですが、
文章のテンポやリズムがすごいです。話すように書く、というかんじ。
言葉の選び方とか、現代語と落語の言葉のミックス感とか、ロックしています。

それにしても、主人公の情けないこと。
そして脇役のキャラがおもしろすぎる。
チャアミイと吉田のおばはんのくだりは10回くらい読みました。

最近の口癖は、
「ビャアーグ」「マイプリリリローボーイ」
「あなたに新しいお洒落感覚を教えてあげるわ」
「嘘でしょ、ただみたいなお値段。」
「チャアミイはね、人生を200パーセント生きてるの」
、と、
そらぁヤバイくらいすっかりチャアミイに
毒されている私です。




日本の小説 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -

COMMENTS

COMMENT FORM